【基本データ】
味わいタイプ:バランスタイプ
産地    :宇治茶(京都府)
日本茶の分類:浅蒸し煎茶
品種    :やぶきた、さえみどり
味わいの特徴:神秘的なキツネのように心静まる上品な味わい

【水色の変化】

【美味しい飲み方】

【茶園訪問レポート】
京都府南部に位置する宇治市とその周辺で生産されている宇治茶は、古くから日本を代表する良質な茶どころとして知られています。その中でも和束(わづか)町は、急峻な山間の地形と昼夜の寒暖差により、町の中心を流れる和束川から朝霧が発生しやすく、良質なお茶の栽培に適した環境です。
彩葉の宇治茶は、このような豊かな自然環境に加え、こだわりの肥料として生糸の元である繭の中にいるさなぎ(繭子)粉や魚かすなどを中心に使用。堆肥として落ち葉も使用し、うま味成分が根から茶葉へゆっくりと時間をかけて移行します。さらに、茶葉を蒸す時間を短くした「浅蒸し」にすることで、茶葉の持つ特性を最大限引き出しており、非常に繊細で上品なうま味と香りを作り出しています。

【iro-drip緑茶セレクト内容】
その日の気分にあわせて自分好みのお茶をお楽しみください。

1、八女茶/福岡県
2、そのぎ茶/長崎県
3、かごしま茶/鹿児島県
4、天竜茶/静岡県
5、遠州森の茶/静岡県
6、宇治茶/京都府
7、うれしの茶/佐賀県
8、狭山茶/埼玉県
9、五ヶ瀬茶/宮崎県

購入ページ(外部サイト)移動

メルマガ登録募集受付中!