【基本データ】
味わいタイプ:甘みタイプ
産地    :かごしま茶(鹿児島県)
日本茶の分類:深蒸し煎茶
品種    :やぶきた、さえみどり、あさのか、ゆかたみどり
味わいの特徴:のんびり日光浴をしているカメのような穏やかな甘み

【水色の変化】

【美味しい飲み方】

【茶園訪問レポート】
かごしま茶とは、九州本土の最南端、鹿児島県で生産されているお茶の総称を言います。静岡県に次ぐ第二位の生産量を誇っている鹿児島の広大な茶園の風景は圧巻です。かごしま茶の生産地は北から南まで広範囲に広がっており、早生から晩生の品種まで多くの品種が栽培されているのが特徴で、これらの様々な茶葉をブレンドする高い技術が求められます。
品種の違いだけではなく、収穫される場所によっても茶葉の特性が異なり、冷涼な気候の山麓傾斜部の茶葉はうま味と香りが強く、温暖な平坦地の茶葉は爽やかさがあるのが特徴です。
丁寧に製茶された品質の高い茶葉のみ厳選使用している彩葉のかごしま茶は、これらの様々な茶葉の特性を熟知しているからこそ可能な、高度なブレンド技術により、まろやかな深い甘みと爽やかなあと味を実現しています。

【iro-drip緑茶セレクト内容】
その日の気分にあわせて自分好みのお茶をお楽しみください。

1、八女茶/福岡県
2、そのぎ茶/長崎県
3、かごしま茶/鹿児島県
4、天竜茶/静岡県
5、遠州森の茶/静岡県
6、宇治茶/京都府
7、うれしの茶/佐賀県
8、狭山茶/埼玉県
9、五ヶ瀬茶/宮崎県

購入ページ(外部サイト)移動

メルマガ登録募集受付中!